遺言書は作成して当たり前の時代になった

自分で納得できる、よりよい最期の時をを迎えるために、終活を積極的に行う人が増えています。終活には、エンディングノートを作成したり、お墓のこと、葬儀のこと、身の回りのものの断捨離などさまざまありますが、その中でも遺言書を作っておくということも、ごく当たり前に行われるようになりました。遺言には大きく分けて二通りの書き方があります。一つ目は、自筆証書遺言といって、遺言の内容や日付をすべて自分で書いて署名捺印をする方法です。いつでも書くことが出来ますし、費用もかからないので、気軽に作成することができますが、正しく法律に基づいて作成されていない場合には無効になることがありますので注意が必要です。二つ目は公正証書で作成する方法です。これは公証人が作成する書面で作成をする遺言で、専門家が作成するため、不備があって無効になったり、内容があいまいでのちに問題になることも避けられます。また、預けておくため紛失などの危険性もありません。ですがこれには公証人役場での打ち合わせや、戸籍などの書類も必要になりますし、公証人に支払うための費用も必要です。終活のための遺言作成ですが、不備などがあっては意味がありませんので、慎重に作成することがとても大切です。

クレジットカード

 
浮気親権
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check