自分の死後のことを考え、希望を伝えておこう。

未分類

遺言を執行するにあたり裁判所での検認手続が必要

No Image

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言の場合、その遺言書を発見した場合は遅滞なく遺言者の最後の住所地、もしくは相続開始地を所管する家庭裁判所に対して検認手続を申し立てなければいけません。これは遺言書の偽造や…

>> 続きを読む

紛失すると

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言とは、遺言者が自筆によって作成する方式の遺言書のことをいいます。 自筆証書遺言の作成方法については特に定めはなく、遺言者は一人で自由に作成することができるため、他人に…

>> 続きを読む

要件を満たしていないと無効となるおそれがある

No Image

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言は遺言書のなかで一番簡単に作ることができる遺言です。遺言者がその全文、日付および氏名を自書して印を押すだけで成立します。自分一人で作成できるので遺言の存在、内容を秘密に…

>> 続きを読む

偽造、変造、隠匿の危険性がある

2014.4.9|未分類

自筆の遺言状を書く人が増えていますが、遺言状を自分で保管しておくことはせっかく書いた遺言が実行に移されない危険性があります。 まず亡くなった後に遺言書が発見されない可能性がありま…

>> 続きを読む

自筆証書遺言のデメリット

No Image

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言とは、遺言を行おうとする者が遺言書の全文と日付、氏名を自分で書いてこれに押印することによって成立する遺言です。自分で字を書ける人であればだれでも遺言者が単独で作成できる…

>> 続きを読む

費用がかからない

2014.4.9|未分類

遺言の方式には7種類ありますが、一般的な場合の方式としては自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。自筆証書遺言は遺言者が自分で遺言書の全文、日付、氏名を手書きしてから印…

>> 続きを読む

証人が不要

No Image

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言を作成するメリットの一つに、自分ひとりで自由に作成できる点が挙げられます。 作成するには紙と筆記用具、印鑑のみがあればよく、証人も不要なことから、内容を他人に知られず…

>> 続きを読む

いつでも手軽に作成できる

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言は遺言を残す本人が前文を自筆で書く遺言書のことです。代筆等は遺言書が無効になってしまうので注意が必要です。この自筆で記載することは民法によって定められています。そして、…

>> 続きを読む

自筆証書遺言のメリット

2014.4.9|未分類

遺言とは、一定の方式に従ってされる単独の意思表示であり、相続の法定原則を修正するものです。遺言の方式には主に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。その中でも自…

>> 続きを読む

1