偽造、変造、隠匿の危険性がある

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自筆の遺言状を書く人が増えていますが、遺言状を自分で保管しておくことはせっかく書いた遺言が実行に移されない危険性があります。
まず亡くなった後に遺言書が発見されない可能性があります。また家族にわかりやすいようにしておいても、遺言の内容に不満があったり不利益をこうむる相続人によって偽造や変造、隠匿される可能性があるからです。
遺言状の中身に手を加えたり、本物の遺言状と同じような筆跡で新たに自分に都合の良いように偽造することが可能になります。
遺言状をかく場合には弁護士に依頼して公正証書遺言を作成しておいた方が、確実に遺言の内容を実行することができます。法律的にも有効なものが作成できますし、保管や遺言執行者を弁護士に依頼することができ、亡くなった後に弁護士が遺言状の内容を実行に移していきます。公平な第三者の手で遺産分割が行なわれるため、遺族間での争いが起きることもありません。
相続に関して家庭裁判所に申し立てが増えている大きな理由に、遺言書が無かった事や遺言書があってもその内容に不利益があったり不備があるために遺族が納得しないからということがあります。家族が遺産分割で争わないためには、誰もが納得できる遺言書を作成し実行に移せるようにしておくことが大切なのです。
パソコン06

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。