費用がかからない

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

遺言の方式には7種類ありますが、一般的な場合の方式としては自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。自筆証書遺言は遺言者が自分で遺言書の全文、日付、氏名を手書きしてから印を押すだけで作成することができます。証人や立会人がいらず1人で作成することができるので費用がかかりません。遺言の執行に当たってはその前提として家庭裁判所による検認が必要なので、その手数料がかかりますが少額です。これに対して公正証書遺言は2人以上の証人の立ち合いを得て公証人の前で作成します。公証人役場に行くか、公証人に出張してもらいます。作成には手数料がかかり、遺言の目的である財産の価格に応じて料金が決められています。遺言者が病気や高齢で公証役場へ行くことができない時には、公証人が自宅や病院、老人ホームへ出張してくれますが、その場合加算手数料に加えて公証人の日当と、交通費がかかります。秘密証書遺言とは遺言者または第三者に筆記してもらった遺言書に遺言者が署名押印して封印します。それを公証人1人と証人2人以上の前に提出して自己の遺言書であることと、自分の氏名、住所を申述し、公証人がその遺言書を提出した日付および遺言者の申述を封紙に記載して、遺言者と証人とともにこれに署名押印します。公証役場で作成するのでその手数料と、裁判所の検認手数料が必要です。

パソコン04

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。