紛失すると

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自筆証書遺言とは、遺言者が自筆によって作成する方式の遺言書のことをいいます。
自筆証書遺言の作成方法については特に定めはなく、遺言者は一人で自由に作成することができるため、他人に知られずに遺言を作成できることがメリットとなっています。
その一方で、自筆証書遺言はその存在や内容について証明する手続きが行われないため、遺言書を紛失してしまったり、他人によって内容を変造されるなど、特有のデメリットもあります。
もし作成した自筆証書遺言を失くしてしまった場合には、遺言者は新たに遺言書を作成することができます。
民法では遺言者は自らの遺言について自由に取り消すことができると規定されており、遺言書を作成しなおすことについても遺言者の自由となります。
なお、遺言者が亡くなった後に失くした遺言書が発見され、複数の遺言書が存在する場合には、遺言の作成方式に関わらず、作成年月日が最新の遺言書の内容が優先されます。
ただし、優先されるのは古い遺言書と最新の遺言書で異なった内容となっている部分についてのみであり、最新の遺言書で記されていない内容については、古い遺言書の内容もそのまま有効となります。
古い遺言書の内容を取り消したい場合には、新たな遺言書を作成する際に、以前の遺言を撤回する旨を記載しておく必要があります。
パソコン08

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。