いつでも手軽に作成できる

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自筆証書遺言は遺言を残す本人が前文を自筆で書く遺言書のことです。代筆等は遺言書が無効になってしまうので注意が必要です。この自筆で記載することは民法によって定められています。そして、最近、ワープロやパソコンで文書作成は当たりますがこの種類の遺言書はたとえ本人で入力してもワープロやパソコンでの文書では無効になります。
この遺言書のメリットは、費用が一切かからないので誰でも手軽に書くことが可能です。ただ、字が汚い人は、出来るだけ読み取れるような字体で記入します。そして、紙の指定はありませんがすぐに破れてしまうような紙ではなく少し丈夫な紙を使用し、鉛筆や摩擦で消えるようなペンではなく、しっかりとしたボールペンなどで記載します。
内容は、署名・日付(年号で書きます)・押印(認印でもよいができれば実印が望ましいです)は忘れないで記載します。間違えた際には押印し理由を書けば大丈夫ですが、遺族が見て分かりやすいように書きなおした方がいいです。全て書き終わると封筒に入れ封をして遺言書で使用した印鑑で押印します。これで終了です。以上のような様式さえちゃんとしてれば本当に手軽に書き遺すことができます。
そして、書いたことを配偶者等にあることを軽く知らせておくことも重要です。この遺言者は自分で書けるので遺言書の存在が見つからないままだったりすることもあります。なので家族の信頼できる人に話しておきます。最後に、手軽に書ける自筆証書遺言ですが、紛失するということも多いので、ちゃんと保管しておくことです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。