証人が不要

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自筆証書遺言を作成するメリットの一つに、自分ひとりで自由に作成できる点が挙げられます。
作成するには紙と筆記用具、印鑑のみがあればよく、証人も不要なことから、内容を他人に知られずに遺言を作成することができます。
ただし、自筆証書遺言に法律的な効力を持たせるためには、一定のルールに従って作成する必要があります。
内容については、遺産の分配方法をはじめ、どのような内容を記すのも自由ですが、必ず全てを自筆で記す必要があり、ワープロ打ちなど自筆以外の方法で作成されたものについては、法律的に有効な遺言書として認められません。
また、遺言書には必ず作成者の署名と作成年月日、作成者の印鑑の押印がされている必要があり、これらも遺言書を法律的に有効なものとする要件となります。
証明する人が不要で、誰にも知られずに一人で作成できることが自筆証書遺言のメリットとなりますが、その一方で自筆証書遺言には特有のデメリットも存在します。
よくあるケースとしては、遺言書の存在そのものが誰にも気付かれないというケースがあり、こうした場合、自らの意思に基づいた形で相続が行われなくなってしまいます。
また遺言書が発見されたとしても、最初に発見した人が相続において不利な立場にあった場合、破棄するなどして遺言書の存在を隠すケースも考えられるため、自筆証書遺言を作成する場合には、そうしたデメリットについて考えておく必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。