自筆証書遺言のデメリット

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自筆証書遺言とは、遺言を行おうとする者が遺言書の全文と日付、氏名を自分で書いてこれに押印することによって成立する遺言です。自分で字を書ける人であればだれでも遺言者が単独で作成できるので、費用もかかりません。1人で作成できるので遺言書の内容や、遺言書の存在そのものまでも相続人らに秘密にすることができます。
デメリットとしては、遺言書を管理する者がいないので、紛失したり偽造、変造されるおそれがあります。遺言書の存在を知らせてなかったときは、遺言書が発見されないまま遺産分割が行われてしまう場合もあります。遺言者に法律知識がないときには、内容が不明確なものや無効なものになりかねません。また、自筆証書遺言は法律で書き方が定められているので、方式違反で無効になるリスクもあります。たとえば、自書が要件とされるので、遺言者が文字を知っていて、自らの意思に従って書く能力が必要です。ワープロやパソコンで作成してプリントアウトしたものは遺言書とは認められません。遺言書に加筆、削除その他の変更をする場合も、遺言者はその場所を指示し、これを変更した旨を付記してこれに署名し、かつその変更場所に印を押さなければなりません。このため遺言の有効性をめぐって争いが生じやすくなります。

パソコン05

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。