自筆証書遺言のメリット

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

遺言とは、一定の方式に従ってされる単独の意思表示であり、相続の法定原則を修正するものです。遺言の方式には主に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。その中でも自筆証書遺言は、もっとも簡単に作成できる遺言で多くのメリットをもっています。
自筆証書遺言は、証人の立ち合いを必要としません。公正証書遺言では、証人2人以上の立ち合いのもとで遺言が作成され、秘密証書遺言では、証人2人以上の前に遺言書を提供して作成する必要があります。証人にふさわしい人を探す手間と費用がかかります。公証人の関与なしに作成することもできます。秘密証書遺言では、公証役場へ行くか公証人に出張してもらって、公証人の前で遺言の趣旨を口授して署名、押印してもらう必要があります。秘密証書遺言においても公証役場へ赴き、公証人の前に遺言書を提出して氏名住所等を申述してから、署名押印してもらいます。これら2つの方法では、公証人に依頼する費用や、公証役場へ行く時間が必要です。遺言者が1人で作成できるので、遺言の内容、存在を秘密にできるのも自筆証書遺言の長所です。公正証書遺言は遺言の内容を公証人の前で述べなければなりません。秘密証書遺言は遺言の内容は秘密にできるのですが、存在は明らかになってしまいます。
パソコン01

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。